プリウスのブレーキ踏み間違えが未だに絶えない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

東武東上線の成増駅付近の踏切にてプリウスが事故を起こしたようです。
ブレーキ踏み間違えが未だに絶えない理由について的確な意見があったのでまとめてみました。


10月25日プリウスがまたもや事故を起こしていたようです。
今度は新型、それでも事故が絶えない理由とは…

そもそも設計に問題があるのではという意見

車に興味がなくても車は作れてしまうため位置まで気にして設計されてないのでは…?
マツダは踏み間違えのないオルガン式、車種によっても適正な位置を探り探りで開発がされています。
ここまで力を入れてないのでは?というもの

操作のしにくいシフトレバー

シフトレバーの位置は常に真ん中、変更をしてもすぐ戻るためうっかりミスをしやすい設計に。
コンビニにダイレクト入店してしまうプリウスが多いのもこのためかと。

そもそもマナーが悪いそうに人気なのでは


マナー悪すぎるだろ「今日のプリウス」がひどい画像だらけ

今日のプリウスというタグで毎日のようにマナーの悪いプリウスが挙げられています。
そもそもマナーが悪いDQN層に人気なので、必然的に事故も増えているのでは?

売れている台数も多いので必然的に事故も目立っていますが…
これだけ派手に目立っていればもしかしたら改善する点が多々あるのかもしれません。
今はネットでもよく叩かれているプリウスですが、事故が少しでも減り汚名返上できるといいですね。

スポンサーリンク

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*